クスグルログ
    あかちゃんがわらう。お母さんもわらう。 言葉じゃないコミュニケーション。 大人になってもきっとある。そこから平和を始めよう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ひどい!1月9日MBS「VOICE」橋下インタヴューの内容
1月9日夕方の毎日放送「VOICE」橋下インタビュー視聴されましたか。

私は観ました。録画してないので残念です。
YOU TUBE に登場しましたが、12日には削除されていました。http://www.youtube.com/watch?v=Aqw51NXiAYI
26分ほどの映像です。
また別のところに登場しました。すぐに消されてしまいそうです。http://youtu.be/JbycO-Gblc8
そうしたら「大八木友之 橋下徹」で検索して動画を探してください。

大八木image
大八木キャスター

冷静な大八木友之キャスターのツッコミに
橋下大阪市長はシドロモドロ。

大八木キャスターは、
橋下市長が喋り捲るのであまり長くしゃべれないのですが、
脳の中で短時間に疑問をまとめ、
短い言葉で核心を突く質問をします。

すると、市長は具体的な質問にはこたえられない。
余計なことをしゃべりながら、話をそらすのです。

次の会話は採録ではなく記憶によります(こんな感じだったという)。
(番組を確認して正確な言い回しに直してません。)

橋下 「教員は、相対評価はだめだ、と言っていますが、
彼らが子どもの成績を相対評価でつけてるんです。
成績を相対評価でつけているのは大阪だけですよ。
彼らに相対評価を否定する権利はない」
大八木「わかりました。しかし、
そんな(悪い)相対評価を教員に押し付けるより、
子どもたちの相対評価をやめた方がじゃないのですか」

この後橋下は、
「そうじゃないんですよ!」みたいに言いながら話をそらせようとする。
もう一度、キャスターが念を押すように質問しても
結局、橋下はパネルのグラフの最上級評価の5%のところを指さし、
強い語調で質問と関係ないことを叫びだす。
そして、何回か
「大八木さん、こんなこともわからないのですか」みたいに言って
相手をばかにする。分からないことを言っているのは自分の方なのに。

相対評価に関する対話では結局、
橋下が子どもの成長、教育のことは考えてなくて、
教師に対するルサンチマンからの言動だと分かる。

明らかに、自分のバカさ加減をさらしています。

人をバカと言うのはよくないのですが、
彼はインタビューにちゃんと応えないで
番組の初めから北大の中島岳志准教授を
「ばか学者」と何回も言ってました
(その場にいない中島氏を罵倒するのです)。

彼が執拗に相手を批難する時は、
相手の言っていることが的を得ているので、
他の人がそれに同調すると困るからです。
冷静に考えさせたくない時です。
(中島氏はブログ「マガジン9」の中の自分のコラムで
橋下氏の狡い交渉術を暴いてますhttp://www.magazine9.jp/hacham/111109/)

こんな政治家の思いで教育が支配されてはたまりません。
彼はますます傲慢な姿をさらしはじめています。

橋下に恋している支持者の人たちに、早く目を覚ましてほしいです。

9日のVOICEの内容、広めませんか。
放送内容を多くの人に知らせたい。

るーく
スポンサーサイト

テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育

【2012/01/13 00:45】 | 社会 | トラックバック(2) | コメント(3)
原発反対サウンドデモ
5月7日、大阪ミナミであった原発反対のサウンドデモに参加しました。

若い人が企画運営し、世代交代のエネルギーにうれしくなった。

参加者の年齢の幅が広い。
家族連れ、楽器を持った人、歌うたう人と自由な感じ。
でも、10代は見なかったように思う。

声を合わせ一緒にこぶしを上げて「シュプレヒコール」というのがない。
それがいい。

参加を呼掛け、参加し、連帯し、
声をあげ、歌を歌い、対話し、
沿道の人に声をかけて、

原発の問題を考えて行こうという真剣な世論作りに貢献できたかな。

私はサングラスをかけたウルトラマンの扮装で参加しました。

アメリカ村の辺、狭い道をぞろぞろ歩くのたのしい。
道端で見ている人に声かけやすい。
 
体育館前で催しの会場を待っている小学生の男子3人が
「げんぱつって何?」って聞いてきたので、簡単に説明。
「警察の人、怒ってるの?」と聞くので
「怒ってないよ、守ってくれてるの」と答えました。
子どもの目は鋭い。

警察官はたくさん出動。デモを誘導してました。
混乱を警戒し規制するためでしょう。
デモの自由な雰囲気には邪魔でした。
道で見ている人に、
「デモはこわいこと」のような印象を与えてしまう。
そういうことをアピールすることも目的?

まだまだパワー不足を反省。
今度はもっと仲間を誘い出したい。

サウンドデモでのnonaバッグ
デモでのnonaバッグ
なんばでのnonaバッグ

わがnona制作のnonaバッグを持っている人がいた(写真)。
憲法9条を活かそうというエコバッグ。

どこで買ったのか聞くと、
天下茶屋の「りりぃB」で買ったとのこと。
この方、楽しく軽やかにデモに参加していた。
                 るーく
【2011/05/14 08:05】 | nona・活動  | トラックバック(2) | コメント(0)
憲法九条と日本経済
昨日、芦屋「九条の会」5周年記念の集いで、
品川正治さんの話を聞いてきた。

1924年生まれ。
保険会社の社長・会長をされてきた方で、
経済同友会終身幹事、財団法人国際センター会長。

肩書きを書いたのは、
その財界人としての立場から、
戦後日本の平和と戦争の関係、経済を見て来られたというのが
重要と思ったからだ。
品川正治氏講演
講演タイトル
「戦争、憲法九条、そして21世紀の日本経済」


品川氏は今年86歳。1944年に徴兵で中国大陸最前線へ送られた。
終戦の翌年(1946年)5月に日本に帰還。
山口県の日本海側の港で上陸を3日止められていて
船内には軍隊の部隊ごとにまとまって入っていた。


新聞は少ししか船内に配られていない。
上官の隊長が、品川氏に
「新聞に載っている日本国憲法の草案をみんなに読んで聞かせてやってくれ」という。

九条を声を出して読んだ時、みんな泣き出したという。
そこまで踏み込んで決意したのかと。


講演の前半は、中国大陸でのその部隊の様子を聞いていた。
辛い事、しかし公正な態度をとり続けようと努力する隊長のことなどを聞いていたので、
その隊長が号泣したということが印象に残った。
世代が違うからその感動はわからない(私には戦争体験がない)けど、
ただ九条の文面を知っているだけとは違う感情が
私の内にプラスされてよかったと思う。

印象に残った品川氏のことば。
(メモを元に思い出して書くので、私の言葉遣いになっているところがあります。)

「戦争は、抽象的な国家が起こすのではない。
戦争を起こそうとする人間が起こすのだ。
それを止めれるのも人間。
そのことを今、私たちは
『お前はどちらか』と問われている。」

「戦後日本は、戦争を人間の目で見たから、『憲法九条』を作った。
人間の目で見て戦争を放棄した。
しかし、戦争を人間の目で見れたのに、
経済を人間の目で見ていない。
国家の目でも見てない。

金融資本の目でしか見てないのだ。

それがグローバリズムとか新資本主義とかに繋がっている。」

nonaバッグも売りました。それは次の報告で。

                   るーく

テーマ:平和憲法 - ジャンル:政治・経済

【2010/05/16 14:10】 | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0)
nonaバッグ春の新作
春にnonaバッグを新しくプリント。
ニュープリント
Peace For The Worldは、
前から有るけど在庫が少なくなったので増刷。
新作はこれ、
新・世界遺産
「IT SHOULD BE A WORLD HERITAGE! これこそ世界遺産だ」。
以前から使っていたコピーだが、デザインを一新した。

ネットでも注文受付してますが、
次回、直接売るのは
5月15日(土)13時から16時半頃、
芦屋ルナホールでの、芦屋「九条の会」5周年集会で。
              
                             担当 るーく
【2010/05/10 20:26】 | nona・活動  | トラックバック(0) | コメント(1)
憲法9条立ち話、平和ってなんだろう
5月3、4、5日と大阪の中之島まつりがあった。nonaは初日だけ出店しました。
雨風なくてよかった。暑かったけど。中之島
中之島まつりは、憲法記念日に関係ないようです。
中之島公園の景観保全や地域の活性化のために何年も市民の手作りで続いているようです。
カップルや親子連れも多かった。映画祭、模擬店、音楽発表、路上パフォーマンス、社会的訴えのブース、
古着や古本の店とにぎやかでした。
nonaはピースケのチャリティ似顔絵描きます隊のお店の軒先を借りて、nonaバッグ売りました。
8つ売れました。
同じ時間帯、他の幾つかの場所で、「憲法集会」「平和集会」がもたれていました。
そっちの方に出店した方がたくさん売れたかなとの思いが昼ごろ私の頭をよぎった。
しかし、結局こっちでよかった。いい経験ができました。
「憲法九条を守れ」という人が圧倒的に少ない場所で、テキヤのように声出して売れたんですから。
足元のバッグを間に初対面の人と憲法九条に関する立ち話。
買ってくれなくても、話ができたことに価値がある
デザインがおもしろいとよって来る人。小学生の子どもにどのデザインのにするかと聞くお母さん。

写真のおしゃれな男性は、看板を見てnonaってなんやと聞いてきた。
おっちゃんと

「説明不足や、サービス精神が足らん。アメリカ人はサービス精神旺盛やぞ。」と。
「(大阪の)九条から来たんか」「九条にかばん屋かと思った」と言われる。わざとぼけてるのかな。
nonaバッグについて、そのプリントしてあるロゴの意味とか説明しました。
いろいろ話したけど省略。バッグを買ってくれた。
あとで引き返してきて、ペットボトルのお茶差し入れ。
人とのつながりを大切にすうる、さびしがり屋のおじさんですね。

私はウルトラマンのカッコをしてアコースティック・ステージのピースケライブにも出ました。
ヴォーカルは、アキモトさん、タケゾウさん。
後ろで、ピースケ、ジュゴンさん、ウルトラマンがバックコーラスや体揺らすだけの踊り。
「クリスタルチルドレン」の歌詞ちゃんと覚えてなくてごめんなさい。
友だちのホムロイ草さんも一緒に売ってくれました。
「本当に憲法九条で平和になると思っているんですか」と聞いてきた人と長く話したりしてました。

道行く人によびかけるBさん
                                         るーく

テーマ:平和憲法 - ジャンル:政治・経済

【2010/05/09 16:54】 | nona・活動  | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次ページ
プロフィール

nona

Author:nona
「平和をつくる」大人と子供のユニット
<現在のスタメン>
・たあ
・チョコホリ
・ゆかちゃんとちちゃ
・るーく

しっていますか?

知ってる人も知らない人も マガジン9条

最近の記事

記事カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。