クスグルログ
    あかちゃんがわらう。お母さんもわらう。 言葉じゃないコミュニケーション。 大人になってもきっとある。そこから平和を始めよう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
オメデタ
20060531141521

 世の中不穏な空気がながれてる。
明日から、新しい駐禁取り締まりもなんかようわからんうちにはじまる。共謀罪にしても ”?”。誰かが得するようにできるとしか思えないよ。
卒業式で君が代強制反対をさけんだ教師に罰則金、てやりすぎだと思う
ねんけど・・・。

 また大きな地震。
天災すら人間の業がひきおこしている(と思える)。

 ニート、が問題ていうけど、こんな世の中にどうやって希望をもて
というねん。

 おばあちゃんが死んだ。98才。充分に生きた。
そして今、あたしのお腹にはあたらしい命が宿っている。
生命の鎖、やん。これって。

 こんな時代に子を生むのは、親にとっても子にとっても
苦しいこともある。それでも、無心に笑い遊ぶ子を見てると、
"希望”ということばが頭にうかんでくる。
少しずつでも、愛するものが安らかに生きてゆける国で地球に
してゆきたい。
スポンサーサイト
【2006/05/31 14:15】 | ライフ | トラックバック(0) | コメント(0)
イキテユクチエ
20060508120331

あたしらはまったく化学物質まみれで、病気との因果関係は証明されにくいし、こころの病いへの影響なんて、もっと明らかにならないやろな。
人間も自然なのだから、化学物質を取り込みすぎるとどうにかなるのは予想できる。
不妊もその影響のもとにあるとにらんでいる。
けど、それを(化学物質)望んできたのはあたしら自身やねんな。
便利やし、安価やし、おいしい(らしい)し。

久しぶりに市販の味噌買った。やたら甘い。味噌の香りは薄いのに、
味はしっかりする。舌に直接する、て感じ。奥行き深みはない。
味覚が人に及ぼす影響はふかいと思うねん。日々のことやから、
すこしずつ味覚が人の心を形成していくように思う。

今は化学物質をあびない日なんてありえないくらいで、
でもそうすることでどうなるか、どんな危険性があるのか知らないまま
あたしらは生活してる。
ここんとこ、短絡的な犯罪が多くて、それも影響下にあるんちゃうかなあ。もちろん原因は多岐にわたるんやろうけど。

化学物質なしでは生きていけないし、あたしもその恩恵にあずかってる。けど、無防備に生きていくのはいやだ。
提供する側はきちんと情報開示する、受ける側は"便利さ、安さ”だけでとびつかない。知り、選ぶ。
それは、化学物質のはなしだけにとどまらないよ。
政治のこと、学校、病院・・・なんにしてもあたしらは
無防備すぎる。おとなしいひつじのままでいたら、
いつのまにかおおかみの餌食になる。(ごめんね、おおかみさん)

国民ひとりひとりがもっと賢くなるにはどうしたらいいのかな。
あたしはとりあえず、こどもにささやいておく。
【2006/05/08 12:06】 | ライフ | トラックバック(0) | コメント(3)
ホンジツノオサンポ
20060425131622

 久しぶりにコンビニのサンドイッチを食べた。
パンのぱさつきも添加物臭もうすれていた。
一般的には、おいしくなった、といわれるのだろな。
添加物表示は相変わらずやし、パンのやわらかさからしても、
味の進化は、添加物の進化なのでは、と思えてくる。
 数日後、大手スーパーにあるベーカリーのパンをもらった。
以前、数ヶ月だけバイトしていたところだ。
そこでは、ミックス粉というものを使用していた。
わたしはミックス粉をあつかったことがないので、くわしくはわからないが、そこにはおそらく大量の添加物があらかじめ入ってあると
思われる。だからこそ、入れ替わりの激しいスーパー内のベーカリー
でもパンを売ることができる。
技術が必要なフランスパンでも、はいってすぐの新人さんが作って売っている。どんどん焼いてどんどん捨てる。

もはやわたしたちが簡単に口にできるものは、エサとなっている。
たべものは生き物やから、どんどん老化してゆき、やがて死を
むかえる。人間と同じ。でも、今世の中では、老化はできるだけ遅く、
死からはなるべく目をそむけて、となっている。
生き物の流れに反しようとしたら、薬を使うしかない。
薬ヅケのエサを喰う薬中のあたしら。

けど、絶望ばかりしてられない。
あたしは生物に命の輪の中に組みこまれていて、
いまや自分にとっての最大の仕事はこどもを産み育てることや、と思えるくらいだ。
こどもに安全なものを食べさせたいとは、普通親なら思うところ。
今の世では簡単にできるとは言いがたいのだ、それが。

春の陽だまり満載のお昼まえに子とふたりで公園に出かけ、
無心に遊ぶ我が子をいとしく見つめ、振り返る子の顔、そのしぐさ、
・・・永遠の箱に閉じ込めたいくらいだ。
一緒にあそんでいるこの瞬間を、この子ははっきりと覚えては
いないだろう。でも、体のどこかにしっかりと刻まれてゆき、そしてそれが次の世代に受け継がれていく。
たとえ、コンビニのパンであっても、そういう笑顔の中で食すのであれば構わないのじゃないかな、て帰りしに思った。
【2006/04/25 13:16】 | ライフ | トラックバック(0) | コメント(0)
オハナミ
20060406160014



主婦というものになってみると、人との関係づくりがけっこう
難しかったりする。
子供連れで集団行動なんて、けっこうキツイ。
じゃやめれば、というと、ひとりでおれるほど強くもない。

一般的社会では、なるべく人と価値観をあわさなきゃいけない。
もちろん、ここで書いてることもなかなか話せない。

ここは自分の居場所じゃない、なんて逃げ出したくなるけど、
じゃ、自分の居場所とやらはどんなとこやねん?
そんな場所誰が与えてくれるん?

ゆっくりと穏やかに、自分の考えていることを
口にできるようになりたい。
けっして強い口調ではなくおしつけるわけじゃなく。

【2006/04/06 16:00】 | ライフ | トラックバック(0) | コメント(2)
アメ ノ ヒ
20060405110611



 お金持ちも貧乏も、障害があってもなくても、
おとなもこどもも、おんなもおとこも、
在る人すべてが同じだけの権利を持てるのであれば、
あたしは競争社会を否定しない。
けど、あまりに人間の傲慢がいきすぎるのはいやだ。

最近、近所にやたらとクリーニング屋がオープンしてる。
コンビニ以上かもしれない。
スピードと価格で勝負、てかんじの。
想像するに、以前は高くつくから家で洗っていたものまで
今は安いからクリーニングに出すのだろう。
クリーニング、て思った以上に石油使うってこないだまで
騒いでたやん。

いろんなことが便利になって、そのおかげで女性が社会進出できたのは
いいことやと思う。
けど、もういいかげん人間がなによりも優先される意識を
変えてゆきたいね。
子育てを男性にも、とか小っこい小っこい。
もっと地球の息吹を感じるれべるで・・・、て
うちの窓からは星すら見えないのだ。
元野生児たあちゃんはちとせつない。
【2006/04/05 11:06】 | ライフ | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次ページ
プロフィール

nona

Author:nona
「平和をつくる」大人と子供のユニット
<現在のスタメン>
・たあ
・チョコホリ
・ゆかちゃんとちちゃ
・るーく

しっていますか?

知ってる人も知らない人も マガジン9条

最近の記事

記事カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。