クスグルログ
    あかちゃんがわらう。お母さんもわらう。 言葉じゃないコミュニケーション。 大人になってもきっとある。そこから平和を始めよう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
「へいわ」と「戦争」=「協」と「競」
タイの天国と地獄の話を知ってますか?

テーブルの上にたくさんの食べ物がのっていて、
それを人々が囲んで長い長い箸を使って食事をする。
食べ物を自分の口に運ぼうとすると箸が長すぎて
全く口に食べ物が入らず、ずっと空腹が満たされないのが地獄。

ところが、同じような状況を利用して長い箸を使って向かいに座ってる人の口に食べ物を運び合うことで自分も他人も満たされるというのが天国の発想なんです。

「状況」ではなく、「発想」が天国と地獄を作っているというのです。


この話は大学の恩師がよくしてくれたものですが、
自分が満たされることだけに必死なときは
永遠に満たされることはない。
他人や周囲を満たそうとした時に初めて自分は満たされうる。
そういう経験がないうちは、いくつになっても人は子供なのだと
恩師がこの話をもって伝えたかったことを、
今になって噛みしめることが多いです。
今の世の中みんなが「自分だけは人生からこぼれないように」とか、「隣よりいい生活ができるように」・・・と、自分の幸せばかりを追ってどこかずっと満たされない人ばかりで、タイの地獄の餓鬼に似てるんじゃないかと思ったりします。
私もその地獄にいることがよくある。
自分自分・・・って思ってるときって本当に苦しいし、とめどなく
寂しい。周りが見えなくなるし、多角的な発想などできなくなる。

他人の口に食べ物を運んでやれる関係っていうのは、ものすごい信頼関係だと思う。自分がおなかが減っているときにそんな発想は出てこないし、すごく勇気がいるものだ。
それは銃社会で、自分だけ身を守るための銃を捨てるのと
同じ勇気だと思う。

けれど、私はその勇気が最終的に自分の空腹を救うことを信じている。

ところで、非武装主義と武装主義の考え方はそのままこの
タイの「天国思考」と「地獄思考」に符号すると思う。

ムックさんのブログの、9条護憲派と改憲派のやりとりで改憲派の人からこんな発言があった。 →jump!

『アジアの平和というのは具体的になにかわかりませんが、
日本だけが安全であることが日本が平和である最大の条件です。』

そのために日本は軍隊を持って自分の国だけを守ろう
という発想だった。

その発想って、自分の口だけ満たそうとする、タイの餓鬼の発想だな・・・と思って悲しくなった。
こういう発想がある限り、天国は遠いのかもしれない。

この社会が、他人へのまなざしや「協力」よりも「競争」を煽る社会であるかぎり、自分の口に食べ物を運び続ける地獄の発想ばかりだろう。

でも考え方一つで、「天国」(世界平和)は理想でなく可能ってことだと思う。
発想を柔軟にして、
天国の発想を広めよう!

                         チョコホリ
スポンサーサイト

テーマ:平和憲法 - ジャンル:政治・経済

【2006/03/31 22:57】 | チョコホリ的「へいわ」考 | トラックバック(0) | コメント(7)
せいかつ(3月31日)
20060331174828

キョウノパン
ト ユカ



京都のパン進々堂の人が、戦時中兵隊にとられ、ある日
”明日スパイ(証拠はない)を殺せ”と命令される。
その人はどうしても殺したくないので、逃げるべきか悩んだ。
そして、”逃げない、でも殺さない” ことを決めた。
翌日手を出さないその人は、犬以下、とののしられ
銃をくわえ四つんばいで兵舎のまわりをまわることを
強要された。

いまのあたしができること、を考えつづけている。


【2006/03/31 17:48】 | ライフ | トラックバック(0) | コメント(1)
せいかつ
20060330141222


ホンジツノパン
ト ヒルネスルユカ


わたしたちから、安心できる日々を奪おうとする人たちに、
”やめて” といいたい。
かけがえの無いものを 失ってから、その重大さに気づく、
なんてことがないように、
今、自分ができることを 真剣に考えてゆきたい。

テーマ:つれづれ。 - ジャンル:その他

【2006/03/30 14:12】 | ライフ | トラックバック(0) | コメント(3)
国家・民族賞揚の『じーん・・・』
留学中の友達が、イギリスの植民地だった国で4年に一度開催されるCommonwealth Game(国民競技会?)というオリンピックみたいな競技会を見に行ったらしい。今年の開催地はメルボルンで、初めて競技場を見た友達は巨大なスタジアムに驚いたらしく、「蟻地獄みたい」と表現していた(^^)

しかも、街ではアジア系を多く見る他民族国家のオーストラリアで、その競技場だけはほとんど白人でうまっていて表彰式の時にはほとんど全員が起立して国歌を歌うらしい。
その情景を、友達はブログにこう書いていた↓

『競技と同時進行で表彰式も行われてたんだけど、一位の選手の国家が流れる時ってみんな起立するんやね、知らなかった0_0!一人の選手(ひとつの国)をたたえるために何万人って人がみーんな起立する姿はじーんときました。』

スポーツにうとい私でも、絶対そういう場に居合わせたらじーんときちゃうだろうな・・・と思う。
普段はスポーツなんて関心のない私でも、オリンピックやワールドカップにかじりついて応援してしまうこともあるし、テレビの前で感極まって泣くこともある。日本人が世界の場で表彰台に立った時は単純にとても嬉しいし、日本のサポーターや観客が一体になってる情景なんかは誇らしく思うことすらある。
そういうのは、人間の自然な感情なのだと思う。

きっと、国旗・国歌をことさら敬うことを国民に強いて、せめて満場の起立を要請する日本の式典などでの風潮も、そういう『じーん』を共有したいんだろうなあと思う。
日本民族の厚い歴史と伝統をひっくるめた『じーん』を・・・。

わからんでもない。

時には素直に『じーん』ときたい。
あついつながりを感じたい。
そういう心に水をさす気はないのだけど、その裏のいろんなことを知ると、『じーん』とこれない人もいるんだってこと、その存在をどこかで知っておきたいと思う。

そのメルボルンの競技場の内と外の両方にいつも世界があるんだってことだと思う。


                           チョコホリ

テーマ:国家・民族・集団意識 - ジャンル:政治・経済

【2006/03/25 16:10】 | チョコホリ的「へいわ」考 | トラックバック(0) | コメント(4)
この話題て禁忌なんかな?
今の学校の国歌状況どうなってる?
 姉からメールがきて、甥の卒業式(小学校)で、教師全員唄わないということで意思をだしていた、て。着席はできないから。
普段、スポーツの国際試合でしか触れてないから、つい忘れがちになっていた・・・。
脳ミソをシンプルにしてみて考えると、
国民に国歌を強要せなあかん、て変じゃない?
その時点で、国民が国歌No!て言うてるのを国は認めてるってことなんちゃうの?なんで憲法は変えようとするのに、(しかも無理やり)なんで
国歌は変えへんのやろ。

あたしは国歌も国旗も好かん。
デザイン悪くないしメロディ美しいと思うけど、
背負ってるもん考えると目をそむけたくなる。

戦後、憲法変えたときに、国歌も国旗も変えたらよかったのに。
血なまぐさい歴史背負いすぎてて、
ジャパニーズホラー映画どころの恐怖じゃないよ。
【2006/03/23 22:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6)
あなたのアイデア わけて下さい★
   世界から戦争をなくすにはどうすればいい?
   ひとりではどうすることもできない・・・??
   でもそんなひとりヒトリが、街で、生活の中で、
   「センソウはイヤ!」ってサインを出し合えたら、
   平和を願うのは独りじゃないって、
   心強くなれるかもしれない。
   誰かの勇気になるかもしれない。
   そんな平和メッセージの入った青いショッピングバッグを
   あなたの街にも広めませんか・・・?


私たちnonaはわたしたちのできる方法で平和をつくる意識を誰かに伝え、平和憲法を守るための小さな種まきをはじめようと思っています。
その一つはこんな方法です↓。

  ショッピングバッグ★ゲリラ!     →click

もういちど試作品の写真をアップします(^o^)
バッグ試作1号
現在のところまず30枚を目標に制作中です。(ゆっくりですが・・)

この試作品第1号のバッグには、9の文字の中に
”Huger Power for peace”と入ってます。
「平和のための、軍事力よりずっとずっとHuge(巨大)なパワー」
という意味を込めたチョコホリ自作のスローガンです★
英語なので与えるイメージは弱いですが
自分で作ったスローガンを身に付けて街に出るのは、なんだか
「独りデモンストレーション」な気分でドキドキします・・・(^^)

このショッピングバッグをいろんな人に持ってもらうにあたって、
希望のある人は、スローガンの部分だけ好きな言葉にカスタマイズできるようにしようと思っています。

今候補にあがっているスローガンは

アイスルモノヲマモル
9 is not the problem. It's the answer.
 (9は問題じゃなく答だ。)
変えるな!キケン!
ホントの強さ
It's the very World Heritage ! 』(これこそ世界遺産だ!)
核よりおおきな傘
世界のために
ファイナルアンサー

などなど・・・ ぷぷっ・・ってものもありますが・・(^_^)
いいものがあれはエディションにして複数枚作るつもりです。その
アイデア提供者にはコラボ作品として何か還元できる形にしたいとも考えてます・・・(詳細未定)。

このブログでも興味を持たれた方は、どんどんアイデアを下さい!!
スローガンのアイデア、意見とも、どなたでも大歓迎です♪
っていうか、はっきり言って募集です!!
「あなたも種をまきませんか?(^^)」

イベントなどで販売できたら・・・と思っていますが、
その詳細などはいずれ追って報告することになると思います(^^♪

★アイデアは無断で登用しません。提供者、協力者とコミュニケーションしながら共同で思いを広めていきたいと思っています☆
★また、「バッグ欲しい」という方は、まだ販売のめどはたっていませんが、コメントに書き込んで管理者だけに表示にしてアドレスなどを送信していていただければ直接交渉もできますョ(^^♪

アイデア、意見、その他なんでもいいので、気楽に書きこんでもらえたらありがたいです・・・(^^)


                           チョコホリ

テーマ:平和憲法 - ジャンル:政治・経済

【2006/03/20 02:56】 | nona・活動  | トラックバック(3) | コメント(18)
裏側て汚いものなの?
姉に→"食品の裏側”をかりた。むちゃくちゃ売れてるらしい。
どんな人が買ってるんやろ。主婦?
こういう本が売れるということは、食品の安全性が気になる人が
かなりいるということなんやろな。
けど、安全なものを口にしようと思ったら、かなり不便なことになるやろね。コンビニには行けないね、まずは。たいがいのスーパーもあかんし、外食はほとんどアウト。
目に見えないものやから、実際にはどれほどの危険性があるのか、
よくわからない。母が添加物にうるさかったので、小さい頃から
食品を買うときは、ひっくりかえして裏側を見る癖があるけど、
現代で汚染食品から逃げられるなんて、奇跡に近いかもね。
添加物を少しは避けて生きてきたあたしでも、
アレルギーのコップは満タン状態。こども世代は果たして
どうなるんやろ。

本はまだ読んでない。読んだらモノ買われへんで、て。
とはいっても、うちみたいにお金に余裕がないとこは、
安全な食品を買うことができない。
余裕のあるとこでは、安全なものを手にいれることができるし、
たとえ病いをわずらっても充分な治療が受けられるし、
うへえ、こんなとこにも格差が!

ほんま、みな"普通に生きたいだけ”なんやろな。
けど、"普通に生きてゆく”のはけっこう大変。
大変、なのは前提としてそうなんよ。けど、やっぱりあたしらは
普通に幸せに生きてゆきたいから、でも与えられるのを待つのでは
あかんのやろな。
【2006/03/16 23:01】 | 未分類 | トラックバック(2) | コメント(3)
ちいさな革命のはじまり
やはり、というべきなんか、憲法改正賛成が半数を超える、というデータを よく見るなあ。そうなんや、結構な人がそう思ってるんか。
どう考えても、やばいと思うのだけどねえ。
 最近、ごく身近な人に、憲法のはなしをしたりする。
母だとか夫だとか。反応は悪くないけど、動きはなかった。
けど、この数日相手から憲法改正のはなしを持ちかけてきた。
もちろん護憲の立場で。
 母は、顔見知りの人と憲法改正の動きはいけないと、世間話のうちに
そんな話になったと言っていた。驚いた、て。
 夫は、平和を守る歌をつくりたいと言いだした。詩をつけてほしいらしい。
 それだけ不穏な空気が流れ出しているんかな。そうかもしれないけど、あたしが持ちかけたことで、すこしは意識しはじめた、てことでしょ。けっこうよくない?
【2006/03/12 23:27】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3)
結婚前に、職場で”あの人は結婚してない”と、
”結婚しているわたしたち”、の線引きされたことがある。
あたしが結婚を意識したのは34,5歳と、バツグンに遅かってんけど、ほとんどあせらなかったし、自分は絶対大丈夫だと、(何にたいしてだ)けっこうお目出度い奴やった。

線引きされたときに、急に自分が恥ずかしい存在に思えて、
その場から消えたくなった。
が、その直後、猛然と怒りがわきおこった。
その人たちに、というより、差別の構図がみえたような気がしたから。

自分たちは安全な場所にいて、そこから自分たちとは違う人を
区別する。自分も区別される側にまわらないように、
大多数の側に居ろうとする。

ケッ、と思った。
何があっても妥協するもんか、区別する側にはまわるもんか、
て奥歯をかみしめたわ。

けどね、もう少しゆとり余裕も欲しいなあ。
それがどした、の気持ちがほしいわ。
【2006/03/09 23:40】 | 社会 | トラックバック(0) | コメント(1)
「ごめんね」という良心
おととしの11月、アメリカの大統領選挙のすぐ後で、
こんな動きが出た。

「世界のみんなごめんね」 → Sorry Everybody 

「アメリカの先ごろの選挙が世界の多くの人達に影響を与えたことを実感しています。いかがわしい私達のリーダーがムチャクチャしてても、私達の大半(願わくば!)は、本当に本当に遺憾に思っていることを覚えていて下さい!」
って。

サイト内にある画像をクリックすると、いろんな人が「ごめん!」と書いたメッセージを持って顔入りで登場する。

なんてざっくばらんな国やろう・・・。

「不適切な選挙結果を、僕たちのほとんどが賛成してない。」
「できることはしたんだ・・・。」
「僕らの49%は賛成していない。」
「信じて!私らもめっちゃムカついてるの!」
「オハイオの半数はひどく遺憾なの。私達を嫌わないで。」

パンダ1「竹食ってて投票忘れてた・・。」
パンダ2「知ったこっちゃないよ。」



これに対抗して ブッシュ政権賛成派がYou'r Welcome Everybody
っていうサイトをパロディーで作ってるらしいけど・・・。

こういうざっくばらんな議論ができることが、
日本から見たらすごいと思う。

私なんてこんな小さなブログでも
ドキドキしながら書いてるのに・・・。

しかも、熱い反政府運動とかじゃなくて、
紙と鉛筆だけで誰でも参加できるし、ユーモアもある。

例えば日本でこんなことやるとしたら・・・
(日本はアメリカほど謝るような悪いことしてないじゃないか・・・!!という反論があるだろうことは承知で、
その点は差し置いて・・・)

「総理が靖国行ってごめんね」
「僕らの52%はあの政党に賛成してないんだ!!」

なんてネット上で顔を出して言おうものなら、
とても冗談とはとれない誹謗中傷攻撃に見舞われる。

Sorry Everybody に対して、他の各国から
Apologies Accepted (謝罪は受け取った)っていう
アンサーサイトができてるけど、(これも面白コメントいっぱい)


日本の政府ではなく、普通の人達と、
中国、韓国の普通の人達の間で、
こんなやりとりが普通にできたらいいのにな・・・。



                         チョコホリ 


【2006/03/09 18:03】 | チョコホリ的「へいわ」考 | トラックバック(1) | コメント(6)
戦争する私たち
世界で一番悲しいことってなんだろう。

大事な人が死ぬこと。

子供の頃から、これ以上に悲しいことって想像したことがない。

誰かから大事な家族を奪ったり、人と人を永遠に引き裂いたり、
何世代にもわたって憎悪を膨らませて傷つけあうこと。

残虐な拷問や、暴力に抵抗できないこと。

性的な暴行をうけること。
子供が殺されること。

周りと異質なことだけが原因で差別やいじめをうけ、
そんな行為に抵抗もできないこと。


”平和”と言われる世の中でも、こういう理不尽なことは
たくさんあって、人間社会でそのような行為が無くなることは
ないのだろうけど、

こと戦時下ではこういう悲しい行為は”たくさん”見逃され、
集団で行われ、国家(民族)をあげて擁護されることになる。

国の軍事化というのは結局そういうことにつながる。


みんな大事な家族や人がいたり、
自分の表現や自由な人生の権利を侵されたくないはずなのに、
どうして、誰かのその自由を「悲劇」に突き出すような戦争を
正当化したり、戦争できるのが普通の国だと信じる人が
いるんだろう・・・

「大事な人や国を守るため」
「民族の誇りを守るため」
と、それこそそれぞれ”守りたい”ものがあるから
戦争をするんだ・・・と言うのだろうけど、

「相手にだって同じくらい守りたい大事なものがあるんだ。」
という洞察にはどうしてたどりつかないんだろう・・・

それを侵せば、自分の大切なものも共に反撃の危険にさらす
ことになる・・・という当たり前の想像が
どうして働かないんだろう・・・。


働かないんではなく、
働かさないのかな・・・。

どうもそういう気がする。


人間は論理や想像力を働かせるよりも、
感情や、処理できない情念や、原始的な征服欲なんか
に突き動かされやすい存在なのかな・・・。

そういう、人間の内面にある
他者への攻撃性にも転じるような性質に対して
私たちはあまりにも野放しに、無警戒に
いるような気がしてならない。

戦争するのは、
”戦争する人たち”じゃなくて、
私たちそのものだということを
知らなくてはならないと思う。

本当の”反戦”はそこからしか
伝わらないと思う。


                           チョコホリ 
【2006/03/06 02:03】 | チョコホリ的「へいわ」考 | トラックバック(0) | コメント(3)
誰のための少子化対策?
最近、少子化対策、てよく聞く。
出産一時金を5万円増額したり、
地方自治体も、なんだか案をだしているようで、
とにかく、けっこう国をあげて悩みの種らしい。
で、どうなんでしょ。みなさん産みたくなったのでしょうか。
正直、首をひねる案ばかり。
一時金、30万円が35万円になったから、じゃあ産みましょう
て思う?

確かに晩婚化は進んでいると思う。
わたし自身、36歳で結婚して、37歳で出産、と
平均より遅い目。
少子化云々はともかく、2人目も産むつもり。

でも、なんで少子化はよくないの?
こどもが減ったら、どうなってしまうの?

年寄りが増えて、社会保障がいき届かなくなら、
軍事費けずったらいいやん。
経済が発展しないかも知れないけど、
このまま発展してゆくことは地球のダメージも大きい
ということ。そろそろ意識の変換をすべき。

こどもが増えて、得をするのは誰やろ。

自分たちの国の未来図を
自分たちで描けるようにしたい。
誰かに与えられたものを そのまま享受していたら、
そのうち、あたしらの脳みそも
つくりかえられちゃうよ!
【2006/03/01 22:01】 | 社会 | トラックバック(1) | コメント(4)
| ホーム |
プロフィール

nona

Author:nona
「平和をつくる」大人と子供のユニット
<現在のスタメン>
・たあ
・チョコホリ
・ゆかちゃんとちちゃ
・るーく

しっていますか?

知ってる人も知らない人も マガジン9条

最近の記事

記事カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。