クスグルログ
    あかちゃんがわらう。お母さんもわらう。 言葉じゃないコミュニケーション。 大人になってもきっとある。そこから平和を始めよう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
私たちがあたりまえと思っていること
テレビで、ソマリアの少女の生い立ちの再現ドラマをたまたま見た。
アフリカは男性優位の社会で、女性は十代の時に性器への割礼を受けて、痛みで気を失って死ぬこともあるとか。
(今もその風習が残っているのかわからないけど)

さらにその少女の父親はかってに娘の結婚相手を決めて、
十代の若い娘に70歳近い老人を連れてきた。
しかも娘と引き換えに砂漠の生活で貴重なラクダ三頭
と引き換えの条件で。
娘は父親に逆らえず広大な砂漠を越えて脱走を試みるが、
もし父親に見つかったら殺されるのだという。

母親だけは少女の見方だったそうだが、父親は絶対で
母も父には逆らえない。

たまたま私は民主主義の情勢下の日本に生まれたから
こんな話は想像を絶するわけだけど、
もし私がソマリアに生まれていたら・・・と想像した。

小さい頃から割礼の重圧を背負って、不安に震えながら
生涯無抵抗に生きられるんだろうか・・・?

自分の娘がラクダと引き換えに、よく素性もわからない老人に
連れていかれるのを黙って見ていられるんだろうか・・・?

少女は運よく命からがら都会へと逃げ延びて、
奇跡的に親戚にも出会うことができ、今では
トップモデルとして世界の舞台で活躍中だという。

現在ではアフリカでも女性の解放や社会進出が謳われるように
なったと聞くが、それにしてもどうして世の中には我が子を
物以下のように扱うことができる者がこんなにもいるのだろう
・・・と考えることがよくある。

特に、権力構造をはっきりさせようとしたり
男性優位や特定のものを優遇しようとする差別意識や社会の中で
そういう行為は生まれる。


そういう人種とは、私達は分かり合うことはないのだろうか?


個人の自由や、人権や、子を愛するという感覚は、彼らの感覚
とすれ違うこともないのだろうか?


成熟した民主主義の国であるはずの日本でも、
どの世界でも、人権や自由は簡単に踏みにじられてしまうもの。

民主主義、自由主義って、
人間にとってこんなに難しいものなんだと感じる。


そもそも「個人」や「私」という意識が発見されたこと自体、
17世紀に入ってからだっていう。

デカルトが「我あり」って。そっから近代が始まったって。


私達が当たり前だと思っている「私」とか、「自由」とか、
「他人を想う気持ち」なんてものは、そんなに自明のものでは
ないのか・・・?

だとしたら、どうやってこの危うい「命の自由」を
誰の手からも、権力からも守っていけばいい・・・?


この考察は次回に続く。

                    チョコホリ 
スポンサーサイト
【2006/02/24 10:57】 | チョコホリ的「へいわ」考 | トラックバック(1) | コメント(6)
<<誰のための少子化対策? | ホーム | 小さな決意>>
コメント

"文化”て言われてしまうもんなんかなあ。
当たり前のこととして受け止め、
問題と考えていない人もいてるかも。
割礼ほどではなくても、日本でもあるやろな。
以前より差別意識が減っている、というより、
問題が見えにくくなっていて、より問題は根深くなっているような
気がしてしまう。
なんだかそう感じる。
【2006/02/24 22:41】 URL | たあ #-[ 編集]
今もその風習
残ってますよ(+_+)

関連記事をトラックバックしますね!
【2006/02/24 23:03】 URL | ムック #-[ 編集]

もっと怖いのは、
民主的、自由主義的な現代の良心を、
「みんな持っていて当たり前のもの」
と思っている私達のような気がするねん。

人間って、本当は元々そんなキレイなものじゃないのかも。

そのことをいろいろ考えてて、
次回続きを書きたいと思う。
【2006/02/24 23:09】 URL | チョコホリ #-[ 編集]

ムックさん
コメントありがとうございます。

たまにブログを拝見させていただいてます。
すごく面白いです。

まだブログ初心者でヘタですが、またコメント書きにいきます。
【2006/02/24 23:13】 URL | チョコホリ #-[ 編集]

お邪魔します。

実は無知な一個人として、何年か前までそういった民族の風習などを
民主主義というローラーで押しなべてしまってもいいものか?と思っていました。

でも実際、それら風習そのものが不均衡な人権を作り出す為に備えられた
後付けのシステムであるということを知りました。

割礼は風習の違いによって、場合により男も女も命を落とすこともあるだろうし、
一概には言えないかもしれないけど、それを推し進める男尊女卑の考え方そのものが
エイズの蔓延を引き起こしていることは、既に風俗云々の粋を越えて重要視されるべき危機だと思います。
【2006/02/24 23:44】 URL | たま #-[ 編集]

たまさん
らっしゃい! 

もともと日本なんかはそんな、民主主義、自由主義の国ではなかったはずやから、
なんとなくそういう民族的な土着の風習や精神、共有できるとこがあるような気がするねん。
人間としてほんまはそっちの方が自然ななりいきなのか・・・と思える感じがある。
暴力的やけど。そこは現実的に受け止めてなあかん気するよな。

でも、願望として やっぱり民主主義がいいねん!!

これはもう願いとしかいいようがない。

「謳歌」じゃなくて、「願い」。

人間の現実を受け止めたうえでの。
【2006/02/25 02:18】 URL | チョコホリ #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nonapon.blog43.fc2.com/tb.php/16-fb7e5d37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
世界を見る目が変わる50の事実
読み終わりました!正直、読んで楽しい本ではありません。が、題名のとおり、「世界を見る目が変わる」事実を知ることができて、大変興味深かったデス。ムックが最もショ ムックの日記【2006/02/24 23:05】
| ホーム |
プロフィール

nona

Author:nona
「平和をつくる」大人と子供のユニット
<現在のスタメン>
・たあ
・チョコホリ
・ゆかちゃんとちちゃ
・るーく

しっていますか?

知ってる人も知らない人も マガジン9条

最近の記事

記事カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。