クスグルログ
    あかちゃんがわらう。お母さんもわらう。 言葉じゃないコミュニケーション。 大人になってもきっとある。そこから平和を始めよう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
クヤシイカナシイナク
20060420153907

 甥が”くさい”と言われた、と姉からメール。
中学入学したばかりでイジメ。悲しくなった。

 なんて暴力的な言葉やろ。
何がくさいのか、なんて関係ないのだ。実際に臭うかどうかなんて
関係ないのだ。ただひたすら傷をつけるためだけの言葉。

 人はどうしてこうも他人を凌辱できるのか。人を傷つけた言葉は
その行為は、自分を痛めないのか。

 どんな理由があってもイジメはあかんのだ。
いやなら避ければいい。文句があればいえばいい。
不愉快な感情を他人と共有して攻撃するなんてことは、
絶対にあってはあかんのだ。

 学校は、他人との関わり方を経験できるとこやけど、
そこではあるがままではいられないのだ。人がのびやかに
過ごせるのはいつまでやろう。小学校ではもうすでに
他人の目で自分をつくりあげ、そういう自分を演じて
集団に溶け込めるよう努力するのだ。
そんなところで、どうやって自分の言葉が出せるというのや?

 自分の声を出している甥は、”クサイ”という突然宇宙からふってきたかのような言葉で、攻撃され排除されようとしている。
彼は丸腰だ。
彼は攻撃しない。
屈しもしない。
彼のちいさな勇気を守ってやりたい。
スポンサーサイト
【2006/04/20 15:39】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<ホンジツノオサンポ | ホーム | クサッテルデ、コノ国。>>
コメント

”くさい”と言われたことをお母さんに言えるというのは、
親子の間では強い信頼関係がある証拠やと思うわ。
そのこと、先生は知ってるんやろうか・・・?
いじめはクラスや集団関係の問題やから、先生の問題でもある。
だって一番修復できるのは第三者として”教育”できる立場の先生しかないもの。

甥っ子はやさしい子なんやろうな。
親やおばちゃんがそうやって守ってくれてる。
どんなにいじめられても心のあたたかさは忘れないわけやと思う。
幸せじゃないのは、むしろいじめる側の生徒やろうな。
どんな満たされない心で他人を傷つけるんかな・・・。
【2006/04/22 18:21】 URL | チョコホリ #QP2yNKgQ[ 編集]

甥はむかしから
度々イジメにあっていて、発覚したら即学校に向かう。
誰が、なぜいじめたか、を徹底的に調査させて、
本人と親に謝りに来させる。
今回も、そく担任と生活指導が飛んできた。
小学校でいっしょにサッカーやってた仲間がからんでいた、
とショックを受けていた。
ちいさい頃からけっこう苦労している彼は、
クラスで仲間はずれにされている子がいないか、
いつも注意してたらしい。
中学にはいってすぐクラス委員に立候補した。
生徒会に興味があるらしい。
成績優秀かといえば、かなりアホ。

わたしはどうしても許せない。
彼の生き方を妨げようとするやつが。
春のうららかな空の下で
他人を凌辱する算段をしている無粋な人間。
なんでそんな悲しい生き方をするのか。
【2006/04/22 23:20】 URL | たあ #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nonapon.blog43.fc2.com/tb.php/41-0ea5aa0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

nona

Author:nona
「平和をつくる」大人と子供のユニット
<現在のスタメン>
・たあ
・チョコホリ
・ゆかちゃんとちちゃ
・るーく

しっていますか?

知ってる人も知らない人も マガジン9条

最近の記事

記事カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。