クスグルログ
    あかちゃんがわらう。お母さんもわらう。 言葉じゃないコミュニケーション。 大人になってもきっとある。そこから平和を始めよう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
「暴力をちらつかせる国家」(コメントより引用)
「今日は憲法記念日!」の記事に投稿いただいた る さんのコメントに面白い報告があったのでそのまま引用させていただきます。

『5月13日に芦屋「九条の会」主催の9条対決討論会に行きました。憲法9条を活かそうと言う元衆議院議員とジャーナリスト、そして憲法9条を変えようと言う京大法学部教授と弁護士の4人がパネラーでした。複雑なテーマですが、今回私は一つのはっきりした構図を見ることができました。
改憲派教授の「国際社会で交渉時、丸腰ではダメ!話し合いには切り札を持って臨むものだ。軍事力を切り札にして、いざとなったら武力行使もあるぞ!と脅しながら交渉すべきだ」という意見から見えてきたこと。それは、「話し合いは暴力をちらつかせ脅しながらするものだ」という考えです。
会場に来ていた改憲支持の黒服の一団がその事を態度で現していました。彼らは、護憲派発言に対しきたない野次を飛ばし、休憩時間は肩をいからしタバコを吸い、暴力的な雰囲気をちらつかせていました。改憲派の発言には、総会屋のように手の痛くなるような拍手をしています。会場前では拡声器で集会の反対意見を言い、ビラを撒き、じゃまをしていました。大学教授は、彼らに静かにするように言わなかった、また、集会後彼らがあいさつに来ると自然に受けとめていたと見ていた人から聞きました。
改憲派は、「軍事力はできるだけ使わない。しかし持っていることが国際関係上重要なのです」というようなことを言っていた。しかし、想像力を働かせれば、世界の国々が「いざとなったらオレはこわいぞぉ」と言いながら国際会議に出ていたら、結局「やれるならやってみろ」となり、戦争が起こるのは明白です。現在進行中の、欧米・中東を中心とした世界の復讐戦を見ても明らかです。
憲法9条を活かそうという人々を「理想ばかり言って現実を見ていない」という批判する人がいます。それは違います。武力に頼ればどうなるか想像できるのだと思います。9条を変えようとする人々は、戦争がどれほど悲惨な状況をうむかを想像しないのです(できない)。徴兵制賛成という極論まで、パネラーの弁護士の口から出ました。
しかし「あなたの息子が戦場に行く事に賛成ですか」と聞かれて、ハイとは答えず、「戦場に行くか行かないかは、その人の運です。・・・・」などと答えていました
今、この国の憲法と教育基本法を変えようとしている人々は、短絡的に自分達の利益を考え、国際社会をレースやゲームのように考えている人たちのように思います。この土地や、共に住む人々を愛していない。そして、自分の子どもは、エリートとしての特権で戦場には行かないはずだと考えているようです。』 
スポンサーサイト
【2006/06/05 21:33】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<ほんとうの「強さ」 | ホーム | オシゴト>>
コメント

あたしが怖いな、と思うのは
護憲にしろ改憲にしろ国民の一部分での間の話になっていること。
すべての人に関わることでありながら、
それに対してそれほどの動きがないように見える。
重大な法案がいつのまにか可決されてる今、気づいた頃には
日本は殺人集団の国になっているかもしれない。
今でもアメリカを支持してるんやから、たいして変わらん。
あたしらの理想とする現憲法からどんどん離れていくようで、
胸をかきむしるようなあせり、悲しみ。
こんな国にどうやって希望を持てといえるのか。
ニート対策、と最近よく聞くけど、深刻な問題は国のありかたに
あるんちゃうの?
【2006/06/06 20:52】 URL | たあ #-[ 編集]

>それに対してそれほどの動きがないように見える。

私もそう思う。
「それ」っていうのは一部の関心の高い層だけの論争になっているということやんね。
その人達から外へ改憲賛否の話題が広がらない。

毎日、新聞に目を通して本もたくさん読んで、社会の動きにもわりと精通しているような人でも、憲法改正の問題を大して深刻にはとらえていなくて、そういう人と話をすると「そんなことですぐ戦争にはならないよ」と、いかにも現実派の冷静な意見であるかのように言われてしまう。
そらそうだ。
戦争なんて、そんなに簡単に始められるものじゃない。
でもそんなこと問題にしてるんじゃないよね・・・。

戦争を知らない社会の私達は、
「戦争を直接的にも間接的にも作りうるシステム」というものに現実性を感じない。
だから、「改憲問題→戦争加担」 という発想にはつながらないのが率直な現実なのだと思う。
この思考回路は特殊なものだという視点に立たないと、いつまでも私達の持つ危機感は外に広がらないと思う。

けれど、改憲を支持する側の「話し合いは暴力をバックにちらつかせて・・・」という発想が何を生むか、
それは現実派を自負するように改憲論争の外にいる人でも考えられるものだと思うよね。
【2006/06/08 18:19】 URL | チョコホリ #QP2yNKgQ[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nonapon.blog43.fc2.com/tb.php/51-bbb6cafe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

nona

Author:nona
「平和をつくる」大人と子供のユニット
<現在のスタメン>
・たあ
・チョコホリ
・ゆかちゃんとちちゃ
・るーく

しっていますか?

知ってる人も知らない人も マガジン9条

最近の記事

記事カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。