クスグルログ
    あかちゃんがわらう。お母さんもわらう。 言葉じゃないコミュニケーション。 大人になってもきっとある。そこから平和を始めよう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ほんとうの「強さ」
「強さ」っていうもののとらえ方で人間は大きく二種類に分けられるような気がする。

強引かもしれないけど仮に分けてみると、
多数派はきっと、強さとは「勝つこと。」であり、
「誰にもナメられないこと。」や、そういった態度や精神性だと答えるのではないかと思う。
もちろん勝負の世界ではそれは真実で、文字どおり〈勝・負〉〈勝・敗〉と二極化された構図の中でひたすら〈負〉を乗り越えて〈勝〉を目指すもの、という志向性がある。
その中には一つの矢印しかなくて、答えが明白で多くの人と共に単純に信じられるものがある。

しかしもう一方の人は(きっと少数派だろうけど)こう言うだろう。
強さとは「自分の一番弱い部分を受けとめられること。」

私は後者を「本当の強さ」だと信じる側だ。

そこには単純に図式化できる構図がない。

前者の「強さ」は他人との比較の中に感じられたり、競争によって答えが出るもので、社会の中で相対的に実感できるものだけど
後者の「強さ」はもっとストイックに自分の中だけで向き合って全てを受け止めていかなければならないものだと思う。
誰かが評価してくれるわけでもない。

どこかに答えや基準があるわけでもないから、
「自分はいよいよ強くなったぞ・・・」なんていう英雄的陶酔感に浸れるわけでもない。

ただただ自分の弱さも間違いも有りのままに受け止めながら、それでも卑屈になったり自尊心を損なったりせず、また野心や虚栄心に捕らわれず足を地に付けて生きようとする行為だと思う。


当然私も含めなかなかそういう行為に耐えられる人はいない。
自分の弱さに向き合うなんて、一番苦しいことだ。
だからこそ、それができる人は一番強いと思う。


その(後者の)ほんとうの「強さ」の追求を捨てて、
わかりやすくて答えの出やすい前者の「強さ」を
代替的に追求しようとするのは、もはや人間の「弱さ」だと言ってもいいと、
私は思うんだ。

スポーツなどの勝負の世界だって突き詰めると、
競争に「勝つ強さ」だけで本当の強さを測れない。
「弱さ」を知ってこそどんな局面にも決して折れない強さを
得ていくものだと思う。


しかし人間は自分の力や価値をより客観的な基準で確かめたいために、
「勝つ強さ」を脅迫的に求めるのかもしれない。


競争社会での他人との比較の中での「強さ」、
国際的競争の場での国の「強さ」、軍事的な「強さ」
そういうものを「私達の強さ」「私の強さ」に結び付けて確認
したくなるんだろう。


「私」や「私達」の強さとはそんなところにはない。



「軍隊のない国=弱い国」ではない。


人の人格で想像してみても・・・

暴力や武器で強い気になって他人を威嚇するのではなく、
交渉力で周りとの関係を安全に築ける人は
暴力で他者から恐れられてる人より絶対強いと思わない?


どんな凶暴な相手にケンカを売られても、武器で応じては
結局レベルが一緒だと私は思うんだけど・・・。

もともと力を振りかざして感じの悪い態度でいること自体が
相手の気をそそのかして、ケンカを売られる確率を高めてるようなもの。
交渉力以前に基本的なコミュニケーション力の問題だ。


それよりどんな人からもケンカを売られない超然とした態度と、
ユーモアと、余裕があって、相手を脅す武器や力をあえて持たなくても
自信がある人って一番尊敬されると思う。



それから、
他国への加害の事実を素直に受け入れることは「自虐」や「弱さ」ではない。


喧嘩両成敗というように、喧嘩したらどちらも怒られるのが
子どもの時からの社会の道理だった。
「でもそっちが先に・・・。」なんて往生際が悪い口答えをすると、さらに
「自分の非を棚にあげて人の非ばかり訴えるな!」と余計に怒られた。

他人の非難もつべこべ言わずに受け入れて、自分の非について真摯に
「ごめんなさい。」と謝る態度は大人の証だと教えられた。
あの道徳はどこへいったの??


自分の非を静かに内省できるという態度には
成熟した理性と、強い感情の耐性が求められるうえ、
客観的に自分を省みる高度な社会性がいる。


「本当の強さ」とは、そうやって教えられてたはずのものだと思うんだけどな・・・。



残念ながら多くの人間は前者の(「勝つ」)強さを本当の強さだと信じたいために、
大きな軍事力を持つことに反対しなかったり、あるいはそういう意見に引きずられやすいのだろうと思う。


「アジアの国にナメられるな!」
「軍事力の強い国に肩をならべよう!」
「自虐史観を捨てよ!」
 って・・・・。


その土台はただ何かに怯えるだけの弱い心だと思う。


                           チョコホリ
スポンサーサイト

テーマ:国家防衛 - ジャンル:政治・経済

【2006/06/08 20:29】 | チョコホリ的「へいわ」考 | トラックバック(0) | コメント(6)
<<うまい「9条」の広めかた | ホーム | 「暴力をちらつかせる国家」(コメントより引用)>>
コメント
飢え
「ただただ自分の弱さも間違いも有りのままに受け止めながら、それでも卑屈になったり自尊心を損なったりせず、また野心や虚栄心に捕らわれず足を地に付けて生きようとする行為だと思う。 」
⇒そう思います。記事「オシゴト」のコメントに書いたが、この生き方が、シャドーワークをうまない生き方だと思う。

「「弱さ」から目を逸らそうとすればするほど脅迫的に前者の(競争の中での)「強さ」だけをやみくもに追うようになるのだと思う。」⇒他人との比較で優位に立とう、立とう、として、追い求め、どうして、自分は損ばかりしているのか、と被害妄想に陥り、がんばればがんばるほど、目的からはずれ、持っていたものまで、無くしてしまう。いつまでも飢えが満たされない。そして、勝っていると思っている者にこそ、かえって巨大な虚無が巣食い、その虚無が道連れを求めて精力的にこの地球上を飛び回っているように思う。
飛び回っているように思えます。

【2006/06/10 11:39】 URL | #426O4QE.[ 編集]

間違いを認め修正することができる、ことも強さだと思う。
まわりに流されたり羞恥心が邪魔したりやけになったり、
間違っていることをわかっていてもそのままつき進んでしまうことは、
よくあること。
戦争もそうなんちゃう。
人間にはそういう弱さがあるのかもしれない。
だからこそ、反省の意味もこめられた憲法ができたのだろうね。
その憲法を捨てても構わないという人が増えてるというのは、
どういうことやろう。
【2006/06/13 22:52】 URL | たあ #-[ 編集]
強さとは「自分の一番弱い部分を受けとめられること。」
まさに今、自分の弱い部分を受けとめるために試行錯誤しているところです。
なんとなく、成長していくためには、その都度その都度、自分の弱い部分を受けとめることが必要なような気がします。
【2006/06/18 03:30】 URL | ムック #-[ 編集]

自分がやったことを間違いだと言われることは気分のいいものではないけど、
それを見つめないことは、「じゃあ何がより良いのか」っていう検証も放棄してしまうことになる。

それはとっても不自由なことだと思います。

>成長していくためには、その都度その都度、自分の
>弱い部分を受けとめることが必要なような気がします

「成長」のためには弱さや、間違いを受け入れることは必要で、終わりはないです。
ずーっとやってきたことを「間違いだ」と受け入れるのは本当に難しいし、まず「間違い」に気づくことも難しい。
例えばイチローがずっとやってきたバッティングフォームをもし「間違い」と言われたら、(・・もしもだよっ)そこからフォームを修正するのは簡単じゃないはず。けど本当にイチローが強さを追求する人なら「何が間違いか」を検証して取り入れるんじゃないかな。成長するために。または「間違ってない部分」を再確認するために。
でも、簡単に想像できないほど「間違い」という言葉を受け入れるのは難しい。
まして長い間民族の伝統や風習となっていることなんかだと、「間違い」だなんて気づいたり口にすることさえ難しいと思う。

でもまず前提として、「人間はどんな存在であっても間違うものなんだ」ってことを受け入れていけば、そんなに意固地にならずにもっと自由な発想や成長ができるんではないかと思います。



【2006/06/25 04:09】 URL | チョコホリ #QP2yNKgQ[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/10/20 09:13】 | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/07/29 06:12】 | #[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nonapon.blog43.fc2.com/tb.php/52-287330de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

nona

Author:nona
「平和をつくる」大人と子供のユニット
<現在のスタメン>
・たあ
・チョコホリ
・ゆかちゃんとちちゃ
・るーく

しっていますか?

知ってる人も知らない人も マガジン9条

最近の記事

記事カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。