クスグルログ
    あかちゃんがわらう。お母さんもわらう。 言葉じゃないコミュニケーション。 大人になってもきっとある。そこから平和を始めよう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
nonaについて
nonaは、反戦、平和活動の集団ではなく、
「平和を生み出すコミュニケーションや、生活をデザインする集団」


デザインといっても、ビジュアルデザインなど専門的な技術のいる”デザイン”ではなく、
楽しく平和の発想を広めるアイデアを生み出すという意味での”デザイン”です。


"平和”のとらえ方については難しいけど、

私のイメージでは誰も殺されず、殺さず、迫害や拷問や強制や差別をしたりされたりしないで、人権が守られ、富や食料がフェアに共有できる世の中。

まさに日本国憲法に書かれてあるような世の中。

それにはすごい高度なモラルと、人間の信頼関係がいると思います。

何より大事なのは、コミュニケーションだと思います。
それを元気にするような新しい発想、楽しいアイデア

nonaはそのためのアイデアを、いろんな専門分野からも集めたいです

そして何より、身近な家族や、友達や、周りの生活者から集められたら

それが一番いいことで、nonaの本望です!


nonaがデザインした17バッグも、食料飢餓団体の方のアイデアで出来上がったものでした。

今後も、環境保護や、人権など、様々な視点で考える機会を持てたらいいなと思っています。
そして、それを平素に周りの人たちとシェアしていくことができたら素敵だと思っています。


メーデーの日、大阪城公園で箸作りワークショップ第二段を行いました。
その模様は、また近いうちにアップされると思います。
参加者のみなさんが本当に楽しんでくれていたのがとても嬉しかったです。
ありがとうございました。お箸、大切に使って下さいね


                                   チョコホリ
スポンサーサイト
【2010/05/03 03:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
<<箸作りワークショップ、いろいろ考える | ホーム | nonaバッグ、いろんなところで>>
コメント
デザインの力
そう思います。
デザインはコミュニケーションの大事な方法だと思う。

今日、NHKの「ようこそ先輩」で、
アート・ディレクターの佐藤可士和さんが小学6年生に、
デザインの授業をしていた。
デザインする前のコミュニケーションの大切さが伝わる授業でした。
隣の席のこの広告を作ろう、という授業。
まず取材からはじめる。インタヴュー。
相手にいろいろ質問していくのだ。
この質問でどんな事を聞くかが大切。
そして、答えに対し、また「どうして?」と聞いて深めていく。
最後に紙に好きな画材で相手のいいところを表現する絵を描くのだが、
抽象的で素敵な絵がたくさんできていた。
可士和さんのまとめのことば
「(これらの絵から)一人一人の魅力が伝わってくる。
その人の一番いいところを凝縮して絵にできた。
(インタビューからはじめた)この作業全体がデザインです。
正解は一つではない。正解は自分で作っていく。
正解をたくさん作るのが大切。」
そうだ。コミュニケーションの問題はとても大切だ。
デザインや芸術表現はコミュニケーションの重要な方法なんだと思う。
本当に平和をつくるには、コミュニケーション技術(アート)が大切だと思います。

【2010/05/09 17:13】 URL | るーく #-[ 編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nonapon.blog43.fc2.com/tb.php/79-7b1b645c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

nona

Author:nona
「平和をつくる」大人と子供のユニット
<現在のスタメン>
・たあ
・チョコホリ
・ゆかちゃんとちちゃ
・るーく

しっていますか?

知ってる人も知らない人も マガジン9条

最近の記事

記事カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。